パリ漫!ソレコマール

30歳超えて衝動的にフランスのパリに住み始めました。

1年目の思い出

34 苦肉の策

1年目の思い出 34 今日も授業の波に乗れなかった。先生に当てられても、頭が混乱して、途中で何を言ってるのかわからなくなるし、それをひきづって授業に積極的に参加できなかった悔しさが続いた日々への苦肉の策がこれ。

33 太った。

1年目の思い出 33 海外生活の慣れない環境で、唯一のストレス解消が食べることだったので、ストレスとともに体重が増えていき、本当にあっという間に10kg以上太った時の話。

32 赤いコートの謎

1年目の思い出 32 語学学校の半期の授業が終わり、4ヶ月半勉強を共にしてきたクラスメートともお別れの時。 一番仲良くしてもらった台湾人のユンとも別れなきゃいけない。 同じように全くの初心者同士、辛酸を嘗めた仲なので、想いはひとしお。最後のランチ…

31 夏の罪悪感

1年目の思い出 31 フランス四季折々 フランスの夏は夏時間のせいもあり、日本より日が長い。長いことで、より夏のスペシャル感を楽しめるし、何か得した気分を味わえるけれども、、ちょっとした罪悪感があるって話です。

30 フランスのゆるキャラ

1年目の思い出 30 可愛もの大国ニッポンで生まれた自分はもれずに可愛いもの好きで、ただ、大ぴろげにせずに人知れずキャラを愛できた自分。フランスで出会ったフランスのゆるキャラとの出会いと葛藤を漫画にしてみました。

29 みんなの口癖ピューターン!

1年目の思い出 29 街を歩くと、耳に入るピュータン(Putain!)の言葉。当時は綴りもわからず、この言葉の意味を辞書なしで歩いて調べることになった経験です。

28 マダムが教えてくれたこと

1年目の思い出 28 いつものように台湾人のクラスメートのユンとお昼に公園でサンドイッチを食べて、下手くそなフランス語で、ぎこちない会話を楽しんでいたときのお話です。 www.sorecomahru.com

27 語学力アップの秘訣 02

1年目の思い出 27 音読がダメならと語学の達人のユウコさんが、教えてくれた、お金のかからない、いつでもどこでも出来て、かつ会話力が抜群に上がるという、とっておきの語学勉強方法のお話です。

26 語学力アップの秘訣 01

1年目の思い出 26 言ってる部分の一つの単語が分かればいい方で、何一つ聞き取れない場合、勘でやってくしかなく、間違ってれば、笑顔で乗り切る手法も三ヶ月も過ぎれば虚しくなっていくので、何か裏技はないかと身の回りの上級者に聞き込み調査を行った時の…

25 本場のエスプリ

1年目の思い出 25 お久しぶりです。ようやく三月の大嵐のあとの後片付けが終わり、ブログを再開しました。改めてよろしくお願いします。久しぶりのブログでどうやって書いてたのかさっぱり忘れちゃいましたが、ぼちぼちやって行きます。 日本人の友達と行列…

24 辛くて疲れるけれども、

1年目の思い出 24 こんなにも言葉が不自由なのが辛くなるとは思わなかった。けっこう、おしゃべり好きな自分が無口にならざるを得ない状況の辛くて。その時の心情をマンガにしてみました。

23 誕生日に墓地で図らず大発見

1年目の思い出 23 自分の誕生日の11月1日に、パリのペール・ラシェーズ墓地で思いがけない発見をした話です。このペール・ラシェーズ墓地ですが、43ヘクタールの敷地とのことで、ヘクタールの単位がよく分からないので、調べると、東京ドーム9個分らしいで…

22 初めての雪をみんなで待った

1年目の思い出 22 冬の授業終わりの夕方、天気も崩れかけてたのですでに真っ暗のなか、なんとなく物悲しい気分で、仲の良いクラスメートとともにいつものように学校近くのカフェにいった時の話です。

21 燃える語学熱!

1年目の思い出 21 パリを歩いてると、いろんな人に話しかけられて、その都度、もっと勉強しないと思う気持ちが、一人歩きして、明後日の方向に行ってしまった話です。

20 手巻き寿司パーティーの罠

1年目の思い出 20 違うクラスの日本人に手巻き寿司パーティーに誘われました。手巻き寿司という食べ物の魅力と、友達と思ってくれてるんだという嬉しさで、二つ返事でパーティーの仕切りを引き受けた時の話です。

19 二人の方がご飯がうまい

1年目の思い出 19 台湾人のクラスメートと下手どうしのフランス語でコミュニケーションを試みるっていう話です。

18 やさしさの理由

1年目の思い出 18 語学学校での、先生と生徒の距離の近さに、おおらかな雰囲気を感じて、自分も馴染んでいきたいなと思いました。。それでもって、そんなおおらかな雰囲気の中で、僕の示す優しさやおおらかさは他の人とは、なんか違うんじゃないかと思った話…

17 できるやつにジェラった結果

1年目の思い出 17 堂々としていて、すでにフランス語もペラペラに話してるかのように見える、うえにフランス人の恋人とスマートに街を歩く、同級生のその外国への馴染みっぷりと余裕に、真逆のぼくがジェラシーした話。

16 パリで見る驚きの日本映画!

1年目の思い出 16 新年初めて見るのは小津安二郎のお早ようという映画で、パリのシネマテークフランセーズで見てきました。大人数の観客と見るこの映画は思ってた以上に素晴らしかったので漫画にしてみました。

15 移民局OFIIへ行く(後半)

1年目の思い出 15 【14前半の続きになります】前回での移民局OFIIでの窮地からの脱出!そのあとの心情の変化をマンガにしてみました。未だにかるーくトラウマです(笑)

14 移民局OFIIへ行く(前半)

1年目の思い出 14 学生ビザを有効化しにOFII移民局に行った際に事前に準備したこととをマンガにしてみました。初めての現地のお役所だったので緊張が前日から半端なかったのをお覚えてます。

13 バラの香りがしませんわよ。

1年目の思い出 13 フランス語の有名な慣用句から見えたフランスというものについて、自分の体験を書いてみました。言葉って面白いなっていう話です。

12 抑えきれぬ日本人らしさ

1年目の思い出 12 習ったばかりのフレーズでドキドキの初パン屋さんでの買い物。少しどもりながらも買えたと思いきや、の体験談!と苦い思い出話。

11 タイヤ味ハリボーの壁

1年目の思い出 11 ハリボーのテレビCMで流れる「Haribo c'est beau la vie pour les grands et les petits.」というジングルはぼくがフランスで初めて覚えたシャンソンです。訳すると、大人も子供もハリボーでハッピー(意訳)です。そんなハリボーの話にな…

10 開き直り

一年間の思い出 10 フランス語の授業開始です!のっけから、しまったと痛感するのは少しでもいいから日本で文法の勉強をしとけばよかったということで、学校初日の自分の痛々しさを書いてみました。

09 スタート地点に違い

1年目の思い出 09 初めて、語学学校の教室に入り、クラスメートと対面した時の話です。レベル分けテストでみんな同じレベルだと思ってたんですが。。

08 学生生活reスタート

1年目の思い出 08 久しぶりの学校生活がはじまりました。期待で胸いっぱいです。フランス語のレベル分けのシステムや学生ビザのことを書いてみました。

07 部屋の間取り

1年目の思い出 07 パリでの一人暮らし用のアパートの間取り図です。今はもう住んでいないんですが、書いていると色々思い出せて楽しかったです。番号順に注釈を入れてます。

06 アパート到着!

1年目の思い出 06 アパートに到着しました。アパートの入り口の古めかしくて重いドアを開けるとそこには思い描いていたパリがありました。

05 個人的体験、海外適性

1年目の思い出 05 雨の中、タクシーは進み、運転手と聞くフランスのラジオニュース。そんな中で、思ったことを書いてみました。