パリ漫!ソレコマール

30歳超えて衝動的にフランスのパリに住み始めました。

ウサギを置かれた!

4コマ日記 発見!フランス語

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。年末年始、友人と会う機会も多いと思いますが、そんな時に使えるかもしれないフランス語の表現が面白いと思ったので漫画にしました。

約束をすっぽかされたフランス語の慣用句

よく使われるフランス語表現

 よく言われるように、こちらでは、業者や役所や配達などの約束を破られる機会が多く、午前中に来ると言って、午後に来ればまだいい方で、翌日になったり、そのまま来なかったりするから、逆にたまに時間通り来られるとびっくりするくらいです。

 それでも、割り切って生活できればいいけれど、誰かに話して、待たされたストレスを和らげたいもの。そんな時にこの表現、「poser un lapin」が使えます。

 On m'a posé un lapin. 「私、ウサギを置かれたんだけど。」が「私、約束をすっぽかされたんだけど。」ということになります。

 なぜ、ウサギなのか。ウサギでも置けば許されると思ってるのか!!!???

 けど、許しちゃうかも。かわいいもんな。いや、許せるかなぁ。。。でもさっさと許してストレスフリーで生きた方がいいかも、ウサギでも撫でながら。